住まいの環境改善~地盤改良で自慢のハウスにchange~

地盤を改良する

建築物を建てる際に重要なのが、地盤です。地盤がしっかりしている土地に家を建築することで、安心安全な住宅環境を整えるい事が出来ます。生活の拠点となる住居は、様々な建材で出来ており、かなりの重さがあります。その中に家財道具や家電を置いて、更に人が生活します。このようなことから、常に地盤には大きな荷重がかかっています。この荷重に耐えるためには、非常に強い地盤が大切になります。購入した土地の強度が足りず、住宅の耐久性が心配だという人もいます。強度が弱い地盤のことを軟弱地盤と言います。軟弱地盤でも地盤改良を行うことによって強度の強い地盤に改善することが出来ます。

地盤改良が必要な土地として挙げられるのが、水辺の近くです。川や海の近くにある土地や、水田の近くにある土地などは地盤が緩んでいる事がほとんどです。地盤に水が含まれているため弱い土地となっています。地震によって地盤沈下を起ころたり、埋立地の場合は液状化現象がおきたりします。このような現象が起きると建築物の東海など甚大な被害が起きます。水辺の近くの土地は地盤改良を行いましょう。また、造成地なども地盤改良が必要な場所です。造成地とは、山を開拓して出来た土地や、谷があった場所を埋め立てて平坦にした土地の事です。このような土地では、平坦にする為に使った土ではない古い地盤の土が緩いのです。そのため家の重量に耐え切れずに建物が沈む不同沈下現象が起きてしまいます。地盤改良を行うことで建物が沈まないようにすることが出来ます。